コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パジェオス PAGEOS; Passive Geodetic Satellite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パジェオス
PAGEOS; Passive Geodetic Satellite

アメリカの測地専用の気球衛星で,三角測量の原理に基づいて正確な地図や海図をつくるために使われる。衛星本体は打上げ時には折りたたんでロケット頭部に格納されているが,軌道に乗り,外部に放出されると,内部の昇華物質が急速にガス化して膨張し,アルミニウムでおおった大きなポリエチレン製の風船となる。 1966年6月 23日に打上げられた1号 (1960年8月打上げのエコーと同じ仕組み) は,直径 30mで表面は太陽光線をよく反射するようにアルミ薄膜の銀白色である。極軌道を回り,寿命は5年あまり,世界 41ヵ所で観測,日本でも国土地理院が鹿児島県鹿屋で日米同時観測を行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パジェオスの関連キーワード測地衛星

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android