コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気球衛星 ききゅうえいせいballoon satellite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気球衛星
ききゅうえいせい
balloon satellite

打上げのときは小さくたたんでおき,衛星軌道に乗ってからガスでふくらませる気球型の人工衛星。風船衛星ともいわれる。薄いマイラー・プラスチックの上にアルミニウムを蒸着して薄膜をつけ,電波をよく反射するようにしてある。地上からの電波を反射して送り返すだけの受動型の衛星で,テレビや電話の中継に使われる。また表面積が大きくて明るいので,測地衛星などにも使われる。アメリカのエコー1号 (1960.8.打上げ) ,2号 (64.1.) ,エクスプローラ9号 (61.2.) ,19号 (63.12.) ,24号 (64.11.) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

気球衛星の関連キーワードエコー衛星パジェオス

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気球衛星の関連情報