コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パジャジャラン Pajajaran

世界大百科事典 第2版の解説

パジャジャラン【Pajajaran】

インドネシア,西ジャワ(スンダ地方)最後のヒンドゥー王国。建国の伝説には不明の点が多く,史実として知られるのは1333年ラトゥ・デワタが現在のボゴール市に近いパクアンに都を定めたときからである。1350年に即位したプラブー・ワンギ(シリワンギ)は,57年に自分の娘とマジャパイト国王ハヤム・ウルクとの結婚のために後者の都に赴いたとき,奸計により包囲攻撃を受け,部下とともに殺された。しかしパジャジャランはマジャパイトに抗してよく独立を保った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

パジャジャランの関連キーワードメガワティ・スカルノプトリジャカルタ首都特別州バンテン王国ファラテハンプリアンガンジャカルタヘルマワンバドゥイ族村井吉敬スカブミ内海愛子バンドンバンテン