コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パスコ県 パスコPasco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パスコ〔県〕
パスコ
Pasco

ペルー中部内陸の県。県都セロデパスコアンデス山脈から東へ,アマゾン低地にかけて広がる。西部のけわしい山地はワヤガ川の,東部のアンデス東斜面と森林におおわれた低地はパチテア川の流域に属する。西部はかつての世界有数の鉱産地帯で,1630年セロデパスコで銀鉱が発見されて以来開発が進められ,スペイン植民地時代には銀がペルーの主要産品であった。その後銀に代って銅が中心となり,現在ほかに金,鉛,亜鉛,ビスマスバナジウムなどが採掘される。農業では高地でジャガイモ,コムギオオムギの栽培と,ウシ,ヒツジの放牧が行われ,アンデス東斜面下部ではコーヒー,カカオ,サトウキビ,コカ,イネ,トウモロコシなどが栽培される。西部に鉄道,道路が通じるほかは交通網は未発達。面積2万 5320km2。人口 29万 8900 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パスコ県の関連キーワードセロ・デ・パスコ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android