パストル・エテルヌス(英語表記)Pastor aeternus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パストル・エテルヌス
Pastor aeternus

カトリック教会における2つの教皇大勅書。ラテン語で「永遠の司牧者」の意。第1は教皇レオ 10世により 1516年に発せられた。決定的な教会分離を回避するため公会議に対する教皇の首位権を宣したもの (→教皇の首位権 ) 。第2は第1回バチカン公会議 (1869~70) においてピウス9世により発せられたもので,信仰,道徳の事項に関して教皇は誤ることなく (→教皇不謬性 ) ,また教皇は首位権をもつことを宣言した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android