コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パトルーン制 パトルーンせい patroon

翻訳|patroon

1件 の用語解説(パトルーン制の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パトルーンせい【パトルーン制 patroon】

オランダ西インド会社が北アメリカ大陸ニューネーデルラント植民地に導入した封建的な大土地所有制度。移民を促進するため1629年に同社は,4年間に50人の入植者を送りこんだ出資者に大土地を下付する制度を設けた。それは〈恒久的に相続される封土〉であり,領主(パトルーンと呼ばれた)には領主裁判権などの特権があった。同植民地が64年にイギリス領に併合されてニューヨーク植民地になったのちも,イギリス人領主は残存したレンセラーズウィックなどのパトルーン制にならって大土地所有制をしいたため,パトルーン制は1840年代の反地代闘争によって解体されるまで続けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パトルーン制の関連キーワードアメリカインディアンアメリカインディアン諸語オランダ東インド会社北アメリカ大陸横断鉄道南アメリカ西インド会社北米亜米利加汎アメリカ主義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone