コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パトルーン制 パトルーンせいpatroon

翻訳|patroon

世界大百科事典 第2版の解説

パトルーンせい【パトルーン制 patroon】

オランダ西インド会社が北アメリカ大陸のニューネーデルラント植民地に導入した封建的な大土地所有制度。移民を促進するため1629年に同社は,4年間に50人の入植者を送りこんだ出資者に大土地を下付する制度を設けた。それは〈恒久的に相続される封土〉であり,領主(パトルーンと呼ばれた)には領主裁判権などの特権があった。同植民地が64年にイギリス領に併合されてニューヨーク植民地になったのちも,イギリス人領主は残存したレンセラーズウィックなどのパトルーン制にならって大土地所有制をしいたため,パトルーン制は1840年代の反地代闘争によって解体されるまで続けられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android