コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田 とみだ

7件 の用語解説(富田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富田
とみだ

三重県北部,四日市市北部の地区。旧町名。江戸時代東海道に沿う宿場町で,桑名宿,四日市宿間の間 (あい) の宿としてにぎわった。一里塚がその跡をとどめている。現在は漁網や紡績を主とする工業地区を形成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

富田
とんだ

大阪府高槻市南西部の地区。中世,寺内町が形成されたところで,寺院が多く,なかでも存如上人が開基した本照寺は有名。ほかに臨済宗の普門寺 (庭園は史跡) ,黄檗宗 (おうばくしゅう) 慶瑞寺などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

富田
とんだ

山口県南部,周防灘に面した周南市新南陽の中心市街地。旧町名。 1953年福川町と合体して南陽町となり,1970年新南陽市の一部となる。 2003年徳山市,熊毛町,鹿野町と合体して周南市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とみた【富田】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の富田の言及

【広瀬[町]】より

…北東は安来市,南は鳥取県に接し,町の中央部を飯梨川が北流する。戦国時代は尼子氏が築いた富田(とだ)城(月山(がつさん)城)の城下町として栄え,慶長期(1596‐1615)に松江に城が移るまで,出雲国の政治・経済の中心地であった。1666年(寛文6)松江支藩の広瀬藩3万石(松平氏)の陣屋が置かれたが,同年の大洪水で富田川(飯梨川支流)の川筋が変わり,旧城下はすべて河床に沈んだため,市街は富田川の西に新たにつくられた。…

※「富田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

富田の関連キーワード三重県四日市市稲葉町三重県四日市市霞三重県四日市市北条町三重県四日市市北納屋町三重県四日市市北野町三重県四日市市北浜町三重県四日市市北町三重県四日市市北山町三重県四日市市三重三重県四日市市安島

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富田の関連情報