コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田 とみだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富田
とみだ

三重県北部,四日市市北部の地区。旧町名。江戸時代東海道に沿う宿場町で,桑名宿,四日市宿間の間 (あい) の宿としてにぎわった。一里塚がその跡をとどめている。現在は漁網紡績を主とする工業地区を形成。三岐鉄道の起点で,JR関西本線,近畿日本鉄道名古屋線,国道1号線が通る交通の要地でもある。

富田
とんだ

大阪府高槻市南西部の地区。中世寺内町が形成されたところで,寺院が多く,なかでも存如上人が開基した本照寺は有名。ほかに臨済宗普門寺 (庭園は史跡) ,黄檗宗 (おうばくしゅう) 慶瑞寺などがある。古くから酒醸造,菜種油製造が盛んであったが,現在は住宅地区となっている。 JR東海道本線,阪急電鉄京都線の富田駅がある。

富田
とんだ

山口県南部,周防灘に面した周南市新南陽の中心市街地。旧町名。 1953年福川町と合体して南陽町となり,1970年新南陽市の一部となる。 2003年徳山市,熊毛町,鹿野町と合体して周南市となった。山陽道と北部の鹿野に通じる地方主要道の分岐点で,市場町として発展した。徳山とともに石油化学コンビナートを形成し,周南工業整備特別地域の一部をなした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

とみた【富田】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の富田の言及

【広瀬[町]】より

…北東は安来市,南は鳥取県に接し,町の中央部を飯梨川が北流する。戦国時代は尼子氏が築いた富田(とだ)城(月山(がつさん)城)の城下町として栄え,慶長期(1596‐1615)に松江に城が移るまで,出雲国の政治・経済の中心地であった。1666年(寛文6)松江支藩の広瀬藩3万石(松平氏)の陣屋が置かれたが,同年の大洪水で富田川(飯梨川支流)の川筋が変わり,旧城下はすべて河床に沈んだため,市街は富田川の西に新たにつくられた。…

※「富田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

富田の関連キーワード北海道空知郡中富良野町中富良野基線北富田高慶(とみたこうけい)和歌山県西牟婁郡白浜町安居フードセンター トミダヤ富田荘(とみたのしょう)栃木県栃木市大平町富田島根県安来市広瀬町広瀬三岐鉄道三岐線富田知信(2)富田(大阪府)富田五郎左衛門新南陽[市]山崎左近将監佐分利猪之助富田越後守富田 かね富田六兵衛道源 権治長谷川宗喜無一坊海円

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富田の関連情報