コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パハーラプル Paharpur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パハーラプル
Paharpur

バングラデシュ北西部,インド国境に近いベンガル地方の小村に残る仏教寺院跡。8世紀中頃に独立王朝を建てたパーラ朝の第2代王ダルマパーラ (在位 770頃~810頃) が創建したソーマプラ・ビハーラ (僧院) が中心。 1923年に始まった発掘作業によって,十字形をした大祠堂と中庭を中心とした 300m四方約 9haの敷地を 177の僧室が取り囲んでいた様子が明らかになった。大祠堂は4面に仏像を安置した四面堂形式で3層であったが,現在では最上層が崩壊,2層目も表面が失われている。基壇には農民や漁師,動物や魔物などを巧みに彫り込んだテラコッタのパネル約 2000枚が現存する。 1985年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android