コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラグライディングワールドカップ paragliding world cup

パラグライダー用語辞典の解説

パラグライディングワールドカップ

元々、全てのスポーツにおいてワールドカップと言う名はサッカーの世界大会ワールドカップから由来している。世界一を決定する最大の大会の一つとしてパラグライディング世界選手権(paraguliding world championships)があるが、ワールドカップと言う名を使うことにより同等かそれ以上の大会として位置付けたい創設者の意図が感じられる。大会は年間3~6大会が世界各地で開催され、シリーズ戦により得られた得点によりその年の優勝者が決定される。選手は各自が獲得している国際ポイントランキングの上位から出場が認められ、その国の代表として戦う世界選手権と異なるところである。

出典|パラグライダー用語辞典について | 情報

パラグライディングワールドカップの関連キーワードPWC

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android