コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラグライディングワールドカップ paragliding world cup

1件 の用語解説(パラグライディングワールドカップの意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

パラグライディングワールドカップ

元々、全てのスポーツにおいてワールドカップと言う名はサッカーの世界大会ワールドカップから由来している。世界一を決定する最大の大会の一つとしてパラグライディング世界選手権(paraguliding world championships)があるが、ワールドカップと言う名を使うことにより同等かそれ以上の大会として位置付けたい創設者の意図が感じられる。大会は年間3~6大会が世界各地で開催され、シリーズ戦により得られた得点によりその年の優勝者が決定される。選手は各自が獲得している国際ポイントランキングの上位から出場が認められ、その国の代表として戦う世界選手権と異なるところである。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラグライディングワールドカップの関連キーワードワールドカップスポーツ科学スポーツセンタースポーツマンスポーツ刈スポーツキャスタースポーツドック生涯スポーツ体育スポーツ国際憲章メガスポーツイベント

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone