コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラフズリナ Parafusulina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラフズリナ
Parafusulina

原生生物界有孔虫門の紡錘虫の化石属。殻が大きく,長円筒形,軸部の長さ 10mm以上にもなる。殻壁は薄く,顕著な蜂窩構造をもつ。隔壁は殻全体にわたり規則的に強く褶曲し,軸部に 2次的沈殿物が充填する。ペルム紀中期の世界的示準化石。(→有孔虫類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のパラフズリナの言及

【フズリナ】より

…現在も各地で主としてセメント原料として採掘されている。栃木県葛生で古くから米石(米粒石)といわれるものはパラフズリナParafusulinaの遊離個体である。宮城県気仙沼で松葉石とよばれるものは,モノディークソーディナMonodiexodinaの殻がとけて砂岩中に残った細長い外形である。…

※「パラフズリナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android