コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラメータ推定法 パラメータすいていほうmethod for parameter estimation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラメータ推定法
パラメータすいていほう
method for parameter estimation

制御系などのシステムあるいはその構成要素の中に含まれている定数や係数など,システム・パラメータ値が未知の場合,それを推定する方法。主として入力信号 (量) とそれに対する出力信号 (量) の観測データを使って推定する。システムや観測器に雑音がある場合が多いので,確率分布をもった統計量として推定されるのが普通である。その期待値が真値に等しいこと (不偏性) ,データ数が多い場合には推定値が真値に一致すること (一致性) ,などの性質をもった方法が望ましい。パラメータ値および雑音の確率的な性質がわかっている程度に応じて,最小二乗推定,マルコフ推定,最尤 (ゆう) 推定,ベイズ推定などの方法がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android