パラメータ推定法(読み)パラメータすいていほう(英語表記)method for parameter estimation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラメータ推定法
パラメータすいていほう
method for parameter estimation

制御系などのシステムあるいはその構成要素の中に含まれている定数や係数など,システム・パラメータ値が未知の場合,それを推定する方法。主として入力信号 (量) とそれに対する出力信号 (量) の観測データを使って推定する。システムや観測器に雑音がある場合が多いので,確率分布をもった統計量として推定されるのが普通である。その期待値が真値に等しいこと (不偏性) ,データ数が多い場合には推定値が真値に一致すること (一致性) ,などの性質をもった方法が望ましい。パラメータ値および雑音の確率的な性質がわかっている程度に応じて,最小二乗推定,マルコフ推定,最尤 (ゆう) 推定,ベイズ推定などの方法がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android