統計量(読み)とうけいりょう(英語表記)statistic

翻訳|statistic

世界大百科事典 第2版の解説

とうけいりょう【統計量 statistic】

ある一定の確率法則に従っていろいろな値をとる変数確率変数という。たとえば,母集団から無作為にとったn個の標本x1,……,xnは母集団分布に従うn個の確率変数である。統計的推測には,など,x1,……,xnから作った少数の指標が用いられる。このSのように確率変数xi関数で未知パラメーターを含まないものを統計量と呼ぶ。統計量もまた一つの確率変数であって,その確率分布は元の確率変数の分布から導かれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の統計量の言及

【数理統計学】より

…銅貨投げの場合,nが大きいとき,大数の法則によりpqに十分近い値をとる。 標本平均以外にも標本の関数であって,母集団の特性を記述するものがたくさんあり,総称して統計量と呼ばれる。種々の統計量を選び,その確率分布をみて,母集団のパラメーターの推定を考えたり,統計的な仮説の検定を行うのが推測統計学(推計学ともいう)の目標である。…

【標本分布】より

…数理統計学において,統計量の分布をいう。有限個の要素を含むある集合が与えられたとき,この集合から1個の要素を無作為に選び出し,その要素のある特性量ξの値を観測しそれを再びもとの集合にもどす。…

※「統計量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android