コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

統計量 とうけいりょうstatistic

翻訳|statistic

世界大百科事典 第2版の解説

とうけいりょう【統計量 statistic】

ある一定の確率法則に従っていろいろな値をとる変数を確率変数という。たとえば,母集団から無作為にとったn個の標本x1,……,xnは母集団分布に従うn個の確率変数である。統計的推測には,など,x1,……,xnから作った少数の指標が用いられる。このSのように確率変数xiの関数で未知パラメーターを含まないものを統計量と呼ぶ。統計量もまた一つの確率変数であって,その確率分布は元の確率変数の分布から導かれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の統計量の言及

【数理統計学】より

…銅貨投げの場合,nが大きいとき,大数の法則によりpqに十分近い値をとる。 標本平均以外にも標本の関数であって,母集団の特性を記述するものがたくさんあり,総称して統計量と呼ばれる。種々の統計量を選び,その確率分布をみて,母集団のパラメーターの推定を考えたり,統計的な仮説の検定を行うのが推測統計学(推計学ともいう)の目標である。…

【標本分布】より

…数理統計学において,統計量の分布をいう。有限個の要素を含むある集合が与えられたとき,この集合から1個の要素を無作為に選び出し,その要素のある特性量ξの値を観測しそれを再びもとの集合にもどす。…

※「統計量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

統計量の関連キーワードスチューデントのt‐統計量スチューデントのt‐分布ジャックナイフ法(統計)ウィルコクソン二標本分布宇宙マイクロ波背景放射ノンパラメトリック推論ダービン‐ワトソン比ダービン=ワトソン比パラメータ推定法コロプレスマップ推定(数学用語)オムニバス検定コーパス言語学統計流体力学ドットマップ最尤推定法クズネッツホテリング統計的検定有意水準

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android