コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリ市庁舎 パリしちょうしゃ

1件 の用語解説(パリ市庁舎の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

パリしちょうしゃ【パリ市庁舎】

フランスの首都パリのシテ島右岸、ルーブル美術館の東1kmにあるネオルネサンス様式の建物。17世紀に建てられたが、1871年3月26日にパリで民衆が蜂起して誕生した革命政府パリコミューンの本部となった後、その後の戦いで焼失した。このため、1874~1882年にかけて当初の建物を細部に至るまで忠実に再建したものが、今日に残されている。市庁舎はこのほかにもさまざまな歴史の舞台となったところで、18世紀末のフランス革命の際にはバスティーユを襲撃した市民が占拠した。週1回、ガイドツアーによる内部見学ができる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パリ市庁舎の関連キーワードシテ島ルーブル宮殿ルーブル美術館ベビーブルーパリジャンチュイルリー公園パリッシュブルーフランスソワールグルノーブル・ルーヴル宮音楽隊パリのセーヌ河岸

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パリ市庁舎の関連情報