コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリ市庁舎 パリしちょうしゃ

世界の観光地名がわかる事典の解説

パリしちょうしゃ【パリ市庁舎】

フランスの首都パリのシテ島右岸、ルーブル美術館の東1kmにあるネオルネサンス様式の建物。17世紀に建てられたが、1871年3月26日にパリで民衆が蜂起して誕生した革命政府パリコミューンの本部となった後、その後の戦いで焼失した。このため、1874~1882年にかけて当初の建物を細部に至るまで忠実に再建したものが、今日に残されている。市庁舎はこのほかにもさまざまな歴史の舞台となったところで、18世紀末のフランス革命の際にはバスティーユを襲撃した市民が占拠した。週1回、ガイドツアーによる内部見学ができる。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

パリ市庁舎の関連キーワードピュビス・ド・シャバンヌピュビス・ド・シャバンヌJ.アンリ マルタンニュイブランシュロシュフォールローランスラスパイユドラクロワコンスタンギロチンマルタンロダン季節社

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パリ市庁舎の関連情報