パルキーワーラー(読み)ぱるきーわーらー(英語表記)Nani Ardeshīr Pālkhīvālā

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パルキーワーラー
ぱるきーわーらー
Nani Ardeshr Plkhvl
(1920―2002)

インドの法律家。ボンベイ(現ムンバイ)出身。最高裁弁護士も務める。同じパールシー(拝火教徒)であるタタ財閥との関連が深く、その主要企業に役員として名を連ねてきた。インディラ・ガンディー政権による司法人事への介入、銀行国有化に対して激しい反対の論陣を張る。1977~1979年、ジャナタ党政権の在米インド大使を務めた。1990年代以降は、政治的発言力を伸ばしてきたヒンドゥー至上主義勢力(民族奉仕団とこれを母体とするインド人民党)に対して、民主主義の立場から鋭い批判を投げかけている。『傷つき、汚されたわが憲法』など憲法や税制に関する著書も多い。[内藤雅雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android