パルドゥシュ(英語表記)Jean‐Marie Pardessus

世界大百科事典 第2版「パルドゥシュ」の解説

パルドゥシュ【Jean‐Marie Pardessus】

1772‐1853
フランスの法学者,法実務家。中北部ブロアに生まれ,弁護士実務を経て,1810‐30年パリ大学法学部教授。主著《商法講義》(1813‐17)によって,フランス近代商法学の樹立者としての評価を得ている。中世海法史の研究でも重要な業績を残した。とくに,海商法の民法に対する特色として,普遍性,統一性,不動性,慣習起源性を指摘して,独自の法領域としての海商法研究の先鞭をつけたことで有名である。【井上 達夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android