コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パルマの洗礼堂 パルマのせんれいどう

1件 の用語解説(パルマの洗礼堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

パルマのせんれいどう【パルマの洗礼堂】

イタリア北部の都市パルマ(Parma、エミリア・ロマーニャ州パルマ県の県都)のピロッタ広場近く、ドゥオーモ(Parma Cathedral)の隣にある、ヴェローナ産のバラ色の大理石を使って建てられた、八角形6層の洗礼堂。パルマ出身の彫刻家・建築家アンテラーミ(Benedetto Antelami、1175~1250年)の設計により、1196年に着工し、1216年にロマネスク様式の洗礼堂として完成したのち、1260年にゴシック様式の現在の建物に改装された。内外には、13世紀のレリーフ(石彫)やフレスコがある。このレリーフも、アンテラーミの手によるものである。連接するドゥオーモは、11世紀に建設され、地震により倒壊し、12世紀に再建された、イタリアロマネスク様式の代表的な建築物で、内部のクーポラには、パルマで活躍した画家コレッジョ(Antonio Allegri da Correggio、1489頃~1534年)のフレスコ画「聖母の被昇天」がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パルマの洗礼堂の関連キーワードパルマトレビスエミリアロマーニャパルマ大聖堂パルマリア島ピロッタ宮殿テルマディーフパルマハムイタリアの解放記念日マルタリアーティ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone