コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンナ Panna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンナ
Panna

インド中部,マディヤプラデーシュ州北部の町。パンナ県の行政庁所在地。ジャバルプル北方約 200km,ビンディア山脈に続くパンナ丘陵に位置。かつてはパンナ藩王国の首都で,18~19世紀に建設されたシュリ・バルデオジ寺,大理石のドームで知られるスワミ・プラン寺などがある。農産物の小集散地で,ダイヤモンド加工も有名。人口3万 8073 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

パンナ

ボトルドウォーターのブランドのひとつ。イタリア産の天然ミネラル水(中硬水)。欧文表記は「Panna」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

パンナの関連キーワードシーサンパンナ(西双版納)タイ族自治州パン・アメリカン航空[会社]パン・アメリカン航空[会社]セイフ・イスラム カダフィユンチンホン(允景洪)イラン・リビア制裁法パン・アメリカン航空プーラン族(布朗族)パンアメリカン航空プーラン(布朗)族シプソン・パンナーチンホン(景洪)県チノー族(基諾族)ジノー(基諾)族リビアと国際社会ハニ族(哈尼族)チノー(基諾)族リビアと経済制裁シーサンパンナハニ(哈尼)族

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パンナの関連情報