コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンナ パンナ Panna

2件 の用語解説(パンナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンナ
パンナ
Panna

インド中部,マディヤプラデーシュ州北部の町。パンナ県の行政庁所在地ジャバルプル北方約 200km,ビンディア山脈に続くパンナ丘陵に位置。かつてはパンナ藩王国の首都で,18~19世紀に建設されたシュリ・バルデオジ寺,大理石ドームで知られるスワミ・プラン寺などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

パンナ

ボトルドウォーターのブランドのひとつ。イタリア産の天然ミネラル水(中硬水)。欧文表記は「Panna」。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パンナの関連キーワードサーガルジャバルプルバーグアヨーディヤーマディヤプラデシュグワーリオールナルマダー[川]バゲールカンドブンデールカンドマディヤ・プラデーシュ[州]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パンナの関連情報