コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンノンハルマのベネディクト派修道院 パンノンハルマのベネディクトはしゅうどういん

1件 の用語解説(パンノンハルマのベネディクト派修道院の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

パンノンハルマのベネディクトはしゅうどういん【パンノンハルマのベネディクト派修道院】

ハンガリー北西部の都市ジェールにある修道院。同国北西部に位置し、パンノンハルマの丘に建つ、ハンガリーベネディクト派修道院の総本山である。996年に着工され、1001年に礼拝堂が完成した。その後、何度も増改築を重ね、現在の姿になったのは19世紀末で、建物の中心に立つ時計塔も19世紀に完成した。各時代の建物が混在して、ユニークな外観になっている。修道院に付設して、19世紀新古典様式の聖マルティノン教会や、ハンガリー語で書かれた最初の文献をはじめとする35万冊もの貴重な史料が数多く収蔵されている古文書館がある。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone