コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンペロ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンペロ
ぱんぺろ
panpero

アルゼンチンとウルグアイのパンパス地帯を吹く、冷たい突風性の南ないし南西の風。寒冷前線の通過に伴って吹く。雨を伴わない場合をパンペロ・セコpanpero seco、砂塵嵐(さじんあらし)を伴う場合をパンペロ・スシオpanpero sucioという。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のパンペロの言及

【風】より

…しかし雨季の蒸し暑い風と異なり,非常に涼しく気持ちがよいので,健康によいと考えて,この地方ではドクターdoctorとも呼んでいる。 パンペロpamperoアルゼンチン,ウルグアイで吹き降ろす西または南西の突風。寒冷前線に伴って草原を吹きわたる。…

【ブリザード】より

…ブリザードに相当する現象に対しては各地に固有の名称がある。例えば,シベリア南部,中央アジアではブランburan,北シベリアのツンドラ地帯ではプルガpurga,アルゼンチンのパンパ地方ではパンペロpamperoと呼んでいる。【花房 竜男】。…

※「パンペロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パンペロの関連キーワードブリザード根本順吉南米

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android