コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーカーズバーグ Parkersburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーカーズバーグ
Parkersburg

アメリカ合衆国ウェストバージニア州西部,オハイオ川とリトルカノーア川との合流点にある都市。 1785年入植,1890年代に付近で油田が発見され,工業発展の契機となった。現在のおもな業種としては採油機械,窯業,レーヨンなどがある。また農産物の集散地でもある。オハイオバレー大学 (1960創立) ,ウェストバージニア大学分校などもある。人口3万 3862 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パーカーズバーグの関連キーワードエドウィン キャットムルウェスト・バージニアデロン ウィリアムズ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android