コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パート・ド・ベール パート・ド・ベール pâte de verre

2件 の用語解説(パート・ド・ベールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パート・ド・ベール
パート・ド・ベール
pâte de verre

ガラス工芸技法の一種。ガラスを一度粉末にして,特殊糊で練り合わせ,粘土や石膏などの型の中に充填して焼成,徐々に冷やして仕上げる。古代に始まったが,19世紀末にフランスのアンリ・クロによって再発見され,アール・ヌーボーの作家たちに用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パート・ド・ベール

ガラス工芸の技法の一つ。粉末状にしたガラスを型に流し込み再溶融して加工する。ガラスと陶磁器の中間的なもので,独特の美しさを示す。古代エジプトから行われたがローマ時代にとだえ,19世紀フランスのクロHenri Crosによって復活した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のパート・ド・ベールの言及

【ガラス工芸】より

…(4)鋳造 雌型の中に流し込んで成形する方法。(5)パート・ド・ベールpâte de verre(英語ではpaste glass)法 ガラスを粉末にして,ふのりその他の特殊なのり料でペースト状に練ったものを,型の中に詰めて,雌雄型を合わせ,型のまま焼きあげた後,徐冷して成形する方法。着色したい部分に色ガラス粉を使えば,色模様のついたものができる。…

※「パート・ド・ベール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パート・ド・ベールの関連キーワード泡ガラスガラス工芸気泡ガラスガラス切りガラス工芸・ガラス工藝ガラス戸ガラス窓腰ガラス群馬ガラス工芸美術館ガラス工事(建設業許可の一種)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone