コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーミッション・マーケティング ぱーみっしょん・まーけてぃんぐ

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

パーミッション・マーケティング

パーミッションとは許容の意味。米国ヤフー社のセス・ゴーディン氏の提唱した概念で、あらかじめ了承を得ている顧客に対してのみ販促活動を展開するというもの。従来のマーケティングは顧客に断わりなく、土足で踏み込んでいたようなものだ、という反省に立つ考え方。 オプトインメールパーミッション・マーケティングを現実化したものとされる。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

パーミッション・マーケティング

事前に了承を得た顧客に対してのみ販促活動を行う、というマーケティング手法。〈活用例〉この商品はマスに訴えるより、パーミッション・マーケティング向きだと思います

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

DBM用語辞典の解説

パーミッション・マーケティング【Permission Marketing】

元Yahoo!副社長セス・ゴーディンが唱え出したマーケティング概念パーミッション(permission)の意味は「承諾」「了承」の意味。「よろしければメールを送りますが」など顧客と連絡を取る場合、承諾が必要であるとする概念。企業側から一方的にメッセージをデリバリーするのではなく承諾を得てメッセージする姿勢。ネット・マーケティング時代に競争優位性を得るためには必須の概念である。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android