コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒオス ヒオスKhíos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒオス
Khíos

古代ギリシア語読みではキオス Chios。ギリシア,エーゲ海東部,ヒオス島東岸の都市。古代イオニア 12都市の一つ。同島の中心都市で,ワイン醸造,果実缶詰製造などの工業があり,港からは同島の古くからの特産物であるマスティック樹脂をはじめ,ワイン,皮革,果実などを積出す。中世にジェノバ人が建設した要塞が保存されている。人口2万 4070 (1981) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヒオスの関連キーワードダフニ修道院群、オシオスハシリドコロ(走野老)オシオスルカス修道院ネアモニ修道院聖堂エウストラタイトネアモニ修道院ヒオスシアミンパパンドレウダフニ修道院ロートエキスアトロピンホメリダイシオス島チェシメキオス島ラミア

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒオスの関連情報