ヒシモンガラガラヘビ(英語表記)Crotalus adamanteus; diamondback rattlesnake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒシモンガラガラヘビ
Crotalus adamanteus; diamondback rattlesnake

トカゲ目クサリヘビ科。体長 2.4mぐらいになるガラガラヘビ類中の最大種。胴が太く,頭も大きい。体は淡褐色で,背面に菱形状の黒褐色紋の列をもつ。これらの黒褐色紋は汚白色に縁どられ,中心部は色が淡い。北アメリカ南東部の比較的乾燥した林や畑地にすみ,おもに小哺乳類や小鳥を食べる。卵胎生で,一腹に7~20匹の子ヘビを産む。体が大きくて毒量も多いので,北アメリカでは最も危険な毒ヘビの一種である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android