コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒスパー氷河 ヒスパーひょうが

百科事典マイペディアの解説

ヒスパー氷河【ヒスパーひょうが】

カシミール北部,カラコラム山脈西部の氷河。長さ58.8km。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヒスパー‐ひょうが【ヒスパー氷河】

Hispar Glacierカラコルム山脈西部の大氷河。パキスタン北部、ギルギットバルティスターン州にあり、ヒスパー峠から西に流れる。全長約60キロメートル、幅約3キロメートル。インダス川の支流フンザ川の源流となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒスパー氷河
ひすぱーひょうが
Hispar Glacier

パキスタン領カラコルムの大氷河。7000メートル級の山々が連なるヒスパー山脈と、5000~6000メートルのラポカシ山脈との間に位置する。全長約62キロメートル、幅約3キロメートル。北側のヒスパー山脈から南流する多くの氷河が合流するが、ヒスパー氷河自体は東から西へ流れており、最源流のヒスパー峠(5150メートル)で、ほぼ同じくらいの長さをもち南東へ流れるビアフォ氷河とつながっている。末端高度は約3230メートルで、インダスの支流フンザ川の一源流をなす。1892年、イギリスのコンウェーが初めて探検した。[小野有五]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒスパー氷河の関連キーワードディステギル・サール[山]

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android