コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒスパー氷河 ヒスパーひょうが

3件 の用語解説(ヒスパー氷河の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヒスパー氷河【ヒスパーひょうが】

カシミール北部,カラコラム山脈西部の氷河。長さ58.8km。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

ヒスパー‐ひょうが【ヒスパー氷河】

Hispar Glacierカラコルム山脈西部の大氷河。パキスタン北部、ギルギットバルティスターン州にあり、ヒスパー峠から西に流れる。全長約60キロメートル、幅約3キロメートルインダス川の支流フンザ川の源流となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒスパー氷河
ひすぱーひょうが
Hispar Glacier

パキスタン領カラコルムの大氷河。7000メートル級の山々が連なるヒスパー山脈と、5000~6000メートルのラポカシ山脈との間に位置する。全長約62キロメートル、幅約3キロメートル。北側のヒスパー山脈から南流する多くの氷河が合流するが、ヒスパー氷河自体は東から西へ流れており、最源流のヒスパー峠(5150メートル)で、ほぼ同じくらいの長さをもち南東へ流れるビアフォ氷河とつながっている。末端高度は約3230メートルで、インダスの支流フンザ川の一源流をなす。1892年、イギリスコンウェーが初めて探検した。[小野有五]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒスパー氷河の関連キーワードカシミールカラコルム山脈K2砕葉ナンガパルバットこらこらサルトロカンリパミールカシミア山羊シミー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone