コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトエグサ(単衣草)(読み)ヒトエグサ(英語表記)Monostroma nitidum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒトエグサ(単衣草)
ヒトエグサ
Monostroma nitidum

緑藻類アオサ目ヒトエグサ科の海藻。波の穏やかな潮間帯の岩上に群生する。1層の細胞層から成る軟らかな藻体で,全体を広げると丸みを帯びた形で放射状に皺がみられる。食用になる。近縁のヒロハノヒトエグサ M. latissimumもまた藻体が大型で食用になる。このほかモツキヒトエグサ M. zostericolaのように常にスガモの上につくものや,シワヒトエグサ M. pulchrumやエゾヒトエグサ M. angicavaのように岩上と海藻上との両方につくものがある。全世界で約 50種が知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android