コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトエグサ(単衣草) ヒトエグサMonostroma nitidum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒトエグサ(単衣草)
ヒトエグサ
Monostroma nitidum

緑藻類アオサ目ヒトエグサ科の海藻。波の穏やかな潮間帯の岩上に群生する。1層の細胞層から成る軟らかな藻体で,全体を広げると丸みを帯びた形で放射状に皺がみられる。食用になる。近縁のヒロハノヒトエグサ M. latissimumもまた藻体が大型で食用になる。このほかモツキヒトエグサ M. zostericolaのように常にスガモの上につくものや,シワヒトエグサ M. pulchrumやエゾヒトエグサ M. angicavaのように岩上と海藻上との両方につくものがある。全世界で約 50種が知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヒトエグサ(単衣草)の関連キーワードスガモ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android