コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒドロキシビタミンD

1件 の用語解説(ヒドロキシビタミンDの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ヒドロキシビタミンD


 図は,上から25-ヒドロキシコレカルシフェロール(C27H44O2,mw400.65)と,1,25-ジヒドロキシコレカルシフェロール(C27H44O3,mw416.65).ビタミンD,すなわちエルゴカルシフェロール,コレカルシフェロールの25位の炭素がヒドロキシル化されているもの.ビタミンDの血中の主たる存在形態で,エルゴカルシフェロール,コレカルシフェロールが肝臓でヒドロキシル化されたもの.この化合物は腎臓でさらに1の位置もしくは24の位置の炭素がヒドロキシル化され,ジヒドロキシビタミンDとなり前者は活性型,後者は活性を示さない.これらはさらに代謝されて排泄される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒドロキシビタミンDの関連キーワードヒドロキシルアミンヒドロキシル化ヒドロキノンヒドロキシル基ヒドロキシ酸カルシトリオールシトクロムP-450ヒドロキシラーゼ1,25-ジヒドロキシコレカルシフェロールβ-ヒドロキシ酪酸ヒドロキシリシン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒドロキシビタミンDの関連情報