ヒドロポリプ(英語表記)hydropolyp

大辞林 第三版の解説

ヒドロポリプ【hydropolyp】

ヒドロ虫類のポリプ型。円筒状で、底部にある足盤で他物に付着する。上端に口盤があり、その周辺に触手がある。ヒドラがその典型。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のヒドロポリプの言及

【腔腸動物】より

…また八放サンゴ類のポリプではポリプ内に微小な骨片をつくり,なかには中心部にかたい軸骨をつくるものがある。 各綱でポリプの名称を区別していて,ヒドロ虫綱ではヒドロポリプ,ハチクラゲ綱ではスキフォポリプ,花虫綱では花ポリプと呼んでいる。これらのポリプの体制を比較するとヒドロポリプがもっとも簡単で,花ポリプがもっとも複雑である。…

※「ヒドロポリプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android