コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒドロポリプ hydropolyp

大辞林 第三版の解説

ヒドロポリプ【hydropolyp】

ヒドロ虫類のポリプ型。円筒状で、底部にある足盤で他物に付着する。上端に口盤があり、その周辺に触手がある。ヒドラがその典型。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のヒドロポリプの言及

【腔腸動物】より

…また八放サンゴ類のポリプではポリプ内に微小な骨片をつくり,なかには中心部にかたい軸骨をつくるものがある。 各綱でポリプの名称を区別していて,ヒドロ虫綱ではヒドロポリプ,ハチクラゲ綱ではスキフォポリプ,花虫綱では花ポリプと呼んでいる。これらのポリプの体制を比較するとヒドロポリプがもっとも簡単で,花ポリプがもっとも複雑である。…

※「ヒドロポリプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒドロポリプの関連キーワードオトヒメノハナガサヒドロ虫類乙姫花笠ポリプ型ヒドラ上端典型触手底部

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android