コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒノキゴケ Rhizogonium dozyanum Lac.

世界大百科事典 第2版の解説

ヒノキゴケ【Rhizogonium dozyanum Lac.】

イタチノシッポともいう。ヒノキゴケ科の美しい蘚類。中国と日本に分布する。本州以南の低山地に産し,やや陰湿な場所の腐植質の多い土上や岩上に群生する。葉がしなやかで,柔らかい感じの美しい群落をつくるので,コケ庭の素材として賞用される。植物体は黄緑色~暗緑色で,褐色となった古い部分も長く宿存する。茎は高さ5~10cm,上部で湾曲する。葉は線形で長さ6~10mm,湿ると展開して植物体はイタチなどの動物の尾を思わせる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒノキゴケ
ひのきごけ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒノキゴケの言及

【コケ植物(苔植物)】より

…京都市の西芳(さいほう)寺(苔寺)の庭園はコケを巧みに使った名園である。観賞用に利用される種類はオオスギゴケ,ホソバノオキナゴケ,コバノチョウチンゴケ,ヒノキゴケなどである。樹幹に着生するコケの種類構成は,その場所の大気の環境条件を敏感に反映するので,大気汚染の指標として有効である。…

※「ヒノキゴケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒノキゴケの関連キーワードコケ植物檜苔

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android