コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒノキシダ(檜羊歯) ヒノキシダAsplenium prolongatum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒノキシダ(檜羊歯)
ヒノキシダ
Asplenium prolongatum

チャセンシダ科の常緑性シダ植物。山地林下の湿った岩上に着生し,日本の中部地方から九州および中国大陸からインドにかけて分布する。根茎は斜上し,葉柄基部とともに披針形褐色鱗片をもつ。葉は長さ 30cm前後で,葉身は2回羽状,葉軸は長く伸びて,先端に無性芽をつける。胞子嚢群小羽片の内側の縁寄りにつき,包膜でおおわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒノキシダ(檜羊歯)の関連キーワードチャセンシダ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android