ヒバ汗国(読み)ヒバかんこく

大辞林 第三版の解説

ヒバかんこく【ヒバ汗国】

トルコ系のウズベク族が中央アジアのホラズム地方に建てた国(1512~1920)。首都はヒバ。1873年ロシアの保護国となり、1920年王制廃止、24年ウズベク共和国に編入。キバ汗国。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android