コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒマラヤ型花崗岩 ヒマラヤがたかこうがんHimalayan-type granite

岩石学辞典の解説

ヒマラヤ型花崗岩

大陸と大陸の衝突によるもので,原地性(auto-chthonous)の花崗岩やミグマタイトの大きな岩体や,局地的な岩株として産出する.大陸地殻物質の大規模なアナテキシスによるもので,岩質は優白質花崗岩や花崗岩質で,深成作用は中規模の期間持続する[Middlemost : 1985].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android