コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒマラヤ型花崗岩 ヒマラヤがたかこうがんHimalayan-type granite

岩石学辞典の解説

ヒマラヤ型花崗岩

大陸と大陸の衝突によるもので,原地性(auto-chthonous)の花崗岩やミグマタイトの大きな岩体や,局地的な岩株として産出する.大陸地殻物質の大規模なアナテキシスによるもので,岩質は優白質花崗岩や花崗岩質で,深成作用は中規模の期間持続する[Middlemost : 1985].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android