コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメエボシ(姫烏帽子) ヒメエボシPoecilasma kaempferi

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメエボシ【ヒメエボシ(姫烏帽子) Poecilasma kaempferi】

蔓脚(まんきやく)亜綱完胸目ヒメエボシ科の甲殻類。タカアシガニなどの大型のカニ類の甲らや歩脚に付着,群生する小型のエボシガイの1種。頭状部の長さ10mm,柄部5mmくらい。頭状部はエボシガイのように5個の殻板で覆われており,白地に淡い紅色または橙紅色を帯びた部分がある。相模湾以南の暖流域に広く分布している。近似種のマルヒメエボシP.obliquumは10mmくらい,頭状部はほとんど円形をしており,ごく短い柄で,タカアシガニなどの口のところにある付属肢に着生している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android