コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメカナワラビ(姫鉄蕨) ヒメカナワラビ Polystichum tsussimense

1件 の用語解説(ヒメカナワラビ(姫鉄蕨)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメカナワラビ(姫鉄蕨)
ヒメカナワラビ
Polystichum tsussimense

オシダ科の常緑性シダ植物で,キヨスミシダともいう。関東地方以西および朝鮮半島,中国,台湾に広く分布する。山地の林下や谷間の急斜面や崖に多い。葉は長さ 40cm前後に達し,葉柄が葉身とほぼ等長で,2回羽状深裂の葉が叢生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒメカナワラビ(姫鉄蕨)の関連キーワード雉の尾羊歯玉羊歯茶筅羊歯虎の尾羊歯紅羊歯両面羊歯熊蕨蔓連朶総羊歯オシダ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone