コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメノウゼンカズラ Tecomaria capensis (Thunb.) Spach

1件 の用語解説(ヒメノウゼンカズラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメノウゼンカズラ【Tecomaria capensis (Thunb.) Spach】

ややつる状をなしたノウゼンカズラ科の常緑低木。花は漏斗形で十数花を総状につけ,赤橙色または緋色で美しい。鉢物として多く利用される。原産地南アフリカ。高さ2.5mくらいになり,はい上がる。対生する葉は奇数羽状複葉で長さ10cmくらい,小葉を7~9枚つける。小葉は対生し,卵形で大小あり,長さ1.7~4cmで先はとがり,浅い鋸歯がある。長さ約5cmの花は,鐘状で先は深く5裂した萼と,花筒部先に向かって広がりやや外側に反り,先が4裂した花冠を有し,枝先の総状花序にかたまってつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒメノウゼンカズラの関連キーワード木珊瑚真葛定家葛凌霄花水杉アメリカ凌霄花なんかくらん袴葛蓮の葉葛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone