コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古里/故里/故郷 フルサト

デジタル大辞泉の解説

ふる‐さと【古里/故里/郷】

自分の生まれ育った土地。故郷(こきょう)。郷里。「―に帰る」
荒れ果てた古い土地。特に、都などがあったが今は衰えている土地。
「君により言の繁きを―の明日香(あすか)の川にみそぎしに行く」〈・六二六〉
以前住んでいた、また、前に行ったことのある土地。
「ひとはいさ心もしらず―は花ぞ昔の香に匂ひける」〈古今・春上〉
宮仕え先や旅先に対して、自分の家。自宅。
「見どころもなき―の木立を見るにも」〈紫式部日記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

古里/故里/故郷の関連キーワード三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区海野嘉村礒多(1897~1933)だるまちゃんとだいこくちゃんだるまちゃんとやまんめちゃんだるまちゃんとてんじんちゃんだるまちゃんとかみなりちゃんだるまちゃんととらのこちゃんだるまちゃんとてんぐちゃんだるまちゃんとうさぎちゃん北海道岩内郡共和町南幌似だるまちゃんシリーズからすのパンやさんどろぼうがっこうとこちゃんはどこ中土佐町立美術館鹿児島県鹿児島市桜島(鹿児島湾)シーティーエスはははのはなし協和(茨城県)

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android