ヒメヤムシ(読み)ひめやむし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメヤムシ
ひめやむし / 姫矢虫
[学]Sagitta minima

毛顎(もうがく)動物門矢虫綱無膜目ヤムシ科に属する海産動物。体長9ミリ以下で、体はほっそりして軟弱、体色は透明。頭部にト字状眼色素をもつ。卵はほかの種に比べて大きく、数は5個以下で少ない。暖海域の表層から中層に生息するプランクトンで、異水塊の混合水域に多い。相模(さがみ)湾、駿河(するが)湾では一年中出現するが、フクラヤムシSagitta enflataと同じく夏、秋に多い。摂食する餌(えさ)は浮遊性橈脚(どうきゃく)類である。[永澤祥子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android