コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュースケン殺害事件 ヒュースケンさつがいじけん

百科事典マイペディアの解説

ヒュースケン殺害事件【ヒュースケンさつがいじけん】

ヒュースケン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒュースケンさつがいじけん【ヒュースケン殺害事件】

万延1年12月5日(1861年1月15日)夜,アメリカ駐日公使ハリスの通訳官でオランダ人のヒュースケンHenry C.J.Heuskenが,攘夷派の浪士たちに殺害された事件。条約交渉中のプロシア使節の通訳にあたっていたヒュースケンは,赤羽根接遇所から麻布善福寺のアメリカ公使館に騎馬で帰る途中に襲われ,幕府はオランダにいる同人の母に賠償金として1万ドルを支払った。【芝原 拓自】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒュースケン殺害事件の関連キーワードデ・ウィット

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android