ヒュースケン殺害事件(読み)ヒュースケンさつがいじけん

世界大百科事典 第2版の解説

ヒュースケンさつがいじけん【ヒュースケン殺害事件】

万延1年12月5日(1861年1月15日)夜,アメリカ駐日公使ハリスの通訳官でオランダ人のヒュースケンHenry C.J.Heuskenが,攘夷派の浪士たちに殺害された事件。条約交渉中のプロシア使節の通訳にあたっていたヒュースケンは,赤羽根接遇所から麻布善福寺のアメリカ公使館に騎馬で帰る途中に襲われ,幕府はオランダにいる同人の母に賠償金として1万ドルを支払った。【芝原 拓自】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android