ヒューム(読み)ひゅーむ(英語表記)Sir Alexander Frederick Douglas-Home Lord Home of the Hirsel

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒューム(Sir Alexander Frederick Douglas-Home Lord Home of the Hirsel)
ひゅーむ
Sir Alexander Frederick Douglas-Home, Lord Home of the Hirsel
(1903―1995)

イギリスの政治家。オックスフォード大学を卒業。1931年保守党下院議員となり、ネビル・チェンバレン首相の秘書などを務めた。1951年父の後を継いで伯爵となって上院入りし、連邦関係相、外相などを歴任。1963年爵位を捨てて首相の座についた。外交は得意であったが、内政、とくに経済問題についての力量に疑問をもたれたまま、1964年の総選挙で敗北、翌1965年ヒースに保守党党首の位置を譲った。1970~1974年のヒース内閣で再度外相を務めたのち、引退した。[木畑洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒュームの関連情報