コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラウミキノコ Sarcophyton elegans

世界大百科事典 第2版の解説

ヒラウミキノコ【Sarcophyton elegans】

花虫綱ウミトサカ科の腔腸動物(刺胞動物)。紀伊半島以南から南太平洋のサンゴ礁地方に広く分布し,浅海に産する。群体はキノコ状で,直径5~6cmほどの短い柄部の上に,直径20cm内外の冠部が広がり,全体は淡灰色や汚褐色。冠部の中央部はくぼみ,縁がひだ状になっている。ポリプには通状個員と管状個員との2型が見られる。通常個員は8対の羽状小枝をもち,よくのびると長さが5mmになり,冠部上に2~8mm間隔で分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒラウミキノコの関連キーワードウミキノコ