コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒンチン Aleksandr Yakovlevich Khinchin

1件 の用語解説(ヒンチンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒンチン【Aleksandr Yakovlevich Khinchin】

1894‐1959
ソ連の数学者。関数論,数論そして確率論とその応用について偉大な業績を残した。1911‐16年までモスクワ大学数学物理学部で学ぶ。18年より教職につき,27年モスクワ大学教授となり,A.N.コルモゴロフとともに確率論モスクワ学派の創始者として,その栄光の礎を築いた。1916年に発表した彼の最初の論文は積分論に関するもので,興味はしばらく解析学にあったが,22年以後は数論,そして確率論に移っていった。(0,1)区間のほとんどすべての数aについて,その二進法展開ではじめのn位までに1の現れる回数とn/2との差μn(a)は,重複対数の法則,に従うことを厳密に証明した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のヒンチンの言及

【確率過程】より

…ρ(t)はボホナーの定理により正測度μのフーリエ変換として, と表される(スペクトル分解)。ヒンチンA.Y.Khintchin(1894‐1959)はこの分解を使って定常過程の諸性質を研究した。弱定常過程は線形予測理論で重要な役割を果たす確率過程である。…

【確率論】より

…こうした基礎のうえに確率論は極限定理,確率過程論,数理統計学への応用等々数学の一分野として確立された。 同じ分布に従う独立な確率変数の和を規格化(平均値を0に,分散を1にするよう適当な数を引いたり割ったりすること)すれば,変数の個数が多いときその分布は標準正規分布に近いとする中心極限定理,また関連した極限定理はソ連のヒンチンA.Y.Khintchin(1894‐1959)をはじめ多くの学者によって研究された。また時間の推移とともに変化する偶然現象を扱う確率過程の研究は,近代確率論のもっとも重要な課題となっている。…

※「ヒンチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒンチンの関連キーワードガウスカルタン関数論コルモゴロフディリクレヒルベルト高等数学ワイアシュトラース小堀憲辻正次

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone