コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積分論(読み)せきぶんろん(英語表記)theory of integral

世界大百科事典 第2版の解説

せきぶんろん【積分論 theory of integral】

現代の積分論は空間の座標や位相の概念から離れて構成されるが,これはユークリッド空間におけるルベーグ積分の抽象化である。ユークリッド空間におけるルベーグ測度は面積や体積の概念の拡張であって,空集合や全空間は明らかに可測集合(ルベーグ測度が定義される集合)であり,可測集合の和,差,交わりを作る操作をたかだか可算無限回行って得られる集合は可測集合である。また可測集合Eのルベーグ測度をm(E)と書くと,どの二つも互いに交わらない可測集合の可算無限列{En}に対して,が成り立つ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android