コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビェルスコビャワ(英語表記)Bielsko-Biała

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビェルスコビャワ
Bielsko-Biała

ポーランド南部,シロンスキェ県の都市。カトウィツェの南約 50km,カルパート山脈のふもと,ビャワ川沿いに位置する。 13世紀ビェルスコがチェシン公国の砦として興り,オシフィエンチム公国の村落であったビャワとともに 1772年以後オーストリア領となったが,ビェルスコは 1918年,ビャワは 1920年からポーランド領となった。 1951年両市が合併,1969年周辺の町がさらに合併されて現在の都市となった。中世から知られた繊維産業を中心に,自動車,機械,電機などの工業をもつ。景観の美しい観光都市でもある。人口 17万 8028 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android