コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビェルスコビャワ Bielsko-Biała

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビェルスコビャワ
Bielsko-Biała

ポーランド南部,シロンスキェ県の都市。カトウィツェの南約 50km,カルパート山脈のふもと,ビャワ川沿いに位置する。 13世紀ビェルスコがチェシン公国の砦として興り,オシフィエンチム公国の村落であったビャワとともに 1772年以後オーストリア領となったが,ビェルスコは 1918年,ビャワは 1920年からポーランド領となった。 1951年両市が合併,1969年周辺の町がさらに合併されて現在の都市となった。中世から知られた繊維産業を中心に,自動車,機械,電機などの工業をもつ。景観の美しい観光都市でもある。人口 17万 8028 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android