ビジアナガラム(英語表記)Vizianagaram

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビジアナガラム
Vizianagaram

インド南東部,アンドラプラデーシュ州北東部の町。ビシャーカパトナム北方約 50km,イースタンガーツ山脈東麓の海岸平野に位置。 1712年ビジャヤナガル王国の首都となり,教育,美術が発達。綿花,ジュートを集散し,伝統的に綿製品の生産が盛ん。アンドラ大学のカレッジ4校がある。城塞 (1714) が残る。人口 15万 9461 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android