コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビスカリア ビスカリア 〈ラテン〉Viscaria

3件 の用語解説(ビスカリアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ビスカリア(〈ラテン〉Viscaria)

ナデシコ科の一年草。地中海沿岸原産。高さ約60センチ。春に、桃色の花を開く。和名こむぎせんのう。うめなでしこ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビスカリア
ビスカリア

コムギセンノウ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビスカリア
びすかりあ
[学]Viscaria

ナデシコ科ビスカリア属の総称。地中海沿岸、西南アジア北アメリカに5種分布する。日本ではおもに花壇、切り花用としてムシトリビランジV. viscosa Aschers.が栽培される。これは耐寒性の強い多年草で、高さ30~50センチメートル。節や花序の下部に粘質の部分がある。根出葉は長楕円(ちょうだえん)状披針(ひしん)形、茎葉は披針状線形。5~6月、上部各節の葉腋(ようえき)に径1~2センチメートルの5弁花を1、2個ずつ開く。花色は紅、紫、白色で、八重咲き種もある。ほかに、アルピナ種やアトロプルプーレア種などが栽培される。非常にじょうぶでつくりやすく、繁殖は実生(みしょう)または株分けにより、実生は普通秋播(ま)きにして、日当りのよい場所に植え付ける。株分けは春に行う。[神田敬二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビスカリアの関連キーワードアメリカ撫子石竹高嶺撫子麦撫子虫取撫子ロケットサラダスナップドラゴン藤撫子フクロナデシコフジナデシコ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone