コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビスター bistre

1件 の用語解説(ビスターの意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

ビスター【bistre】

色名の一つ。ビスタとも表記する。すすを柔らかく溶かして作った絵の具のような、くすんだ焦茶こげちゃ色をさす。セピアを少し濃くしたようなイメージ。画家たちが下絵やペン画を描くのに用いた。日本で煤を使った顔料は「すみ」という色名になり、のこと。こちらは溶かさずに、ニカワで練ってかためる。

出典|講談社
色名がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内のビスターの言及

【水彩】より

…またより重厚なマティエールを出すため,これに不透明な白色顔料(ボディbody)を加えることが多いので,不透明水彩をボディ・カラーと呼ぶこともある。また煤(すす)から作られるビスター,イカの墨から作るセピアで描いた単色画も水彩に近いものをもっている。
[水彩の歴史]
 ヨーロッパにおける水彩の歴史は紙の普及とも関係があり,15~16世紀に始まり,18世紀後半から19世紀にかけてのイギリスで一つの頂点に達した。…

※「ビスター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビスターの関連情報