コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焦茶 こげちゃ

色名がわかる辞典の解説

こげちゃ【焦茶】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗いみの黄赤」としている。一般に、物が焼け焦げたようなみがかった茶色のこと。日本の色名では暗い色の形容に「濃」「深」という字をあてるが、「焦」という表現は珍しい。江戸時代に流行した茶色系統の一種で、黒みの度合いに幅がある。現代でも濃い茶色という意味で広く使われ、チョコレート色やさびなども含んでいることが多い。あらゆる物に用いられるポピュラーな色。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

焦茶の関連キーワードツキトジ(月兎耳)キバシリ(木走)チョコレート色ハナサキガニアースカラーあぶりだし八重山上布空五倍子色シャムネコ江戸時代二重回し日本羚羊ビスタージグモ黒み雲端黒茶色名

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android