コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビスマルク小屋 ビスマルクごや

1件 の用語解説(ビスマルク小屋の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ビスマルクごや【ビスマルク小屋】

ドイツ中央部のニーダーザクセン州南部の都市ゲッティンゲン(Göttingen)にある、ヴィルヘルム1世治世下に鉄血政策ドイツ統一を実現した、プロイセン王国の宰相ビスマルク(Otto Eduard Leopold von Bismarck-Schönhausen、1815~1898年)ゆかりの建物。ベルリン北西部のシェーンハウゼンに生まれたビスマルクは、1832年にゲッティンゲン大学に入学した。ベルリン大学に転学する翌年までの1年間、ゲッティンゲンに暮らした。その1年間、彼専用の学生寮として使用したのがこの建物である。この建物は、中世にはゲッティンゲンの要塞として使われていたものである。鉄道ゲッティンゲン駅から、徒歩約10分の場所にある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビスマルク小屋の関連キーワードウォルフスブルクザクセンツェレハノーバーリジャイナリューネブルガーハイデアウトシュタットゴスラーザクセンアンハルトニーダーザクセン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone