コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビスマルク小屋 ビスマルクごや

1件 の用語解説(ビスマルク小屋の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ビスマルクごや【ビスマルク小屋】

ドイツ中央部のニーダーザクセン州南部の都市ゲッティンゲン(Göttingen)にある、ヴィルヘルム1世治世下に鉄血政策ドイツ統一を実現した、プロイセン王国の宰相ビスマルク(Otto Eduard Leopold von Bismarck-Schönhausen、1815~1898年)ゆかりの建物。ベルリン北西部のシェーンハウゼンに生まれたビスマルクは、1832年にゲッティンゲン大学に入学した。ベルリン大学に転学する翌年までの1年間、ゲッティンゲンに暮らした。その1年間、彼専用の学生寮として使用したのがこの建物である。この建物は、中世にはゲッティンゲンの要塞として使われていたものである。鉄道ゲッティンゲン駅から、徒歩約10分の場所にある。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone