コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄血政策 てっけつせいさく Blut und Eisen

5件 の用語解説(鉄血政策の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄血政策
てっけつせいさく
Blut und Eisen

ドイツ統一の際,プロシアの宰相 O.ビスマルクがとった政策。 1848年のドイツ三月革命,その後のフランクフルト国民議会によるドイツ統一の失敗ののち,62年プロシアの宰相に就任したビスマルクは議会を停会したまま軍備拡張を実行し,63年オーストリアを誘ってデンマークに宣戦し,2つの州をその支配下においた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てっけつ‐せいさく【鉄血政策】

ドイツ統一をめざすプロイセンの軍備拡張政策。1862年に行われた、首相ビスマルクの「現在の問題は演説や多数決ではなく、ただ鉄と血によってのみ解決される」との議会演説に基づく。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

てっけつせいさく【鉄血政策】

ビスマルクのドイツ統一政策に対する呼称。プロイセン憲法紛争が激化してきた1862年,プロイセン首相となったビスマルクは9月30日に,下院予算委員会で〈現下の大問題は言論や多数決によってではなく,血と鉄Blut und Eisenによってのみ解決される〉と演説した。ここから彼の政策は〈鉄血政策〉と称せられ,軍事力によるドイツ統一政策の別称となった。この政策はドイツ統一の推進という〈正〉の側面と軍国主義の高進という〈負〉の側面との両面から把握される必要がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てっけつせいさく【鉄血政策】

ドイツ統一のためプロイセン首相ビスマルクがとった政策。1862年、軍備拡張に反対する議会の自由主義者にビスマルクが「鉄(武器)と血(兵士)によって問題は解決される」と反撃したことによる名称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄血政策
てっけつせいさく
Eisen und Blut-Politikドイツ語

ビスマルクが1860年代ドイツの統一を進めるためにとった内外政策。プロイセン政府は、60年軍備増強のため軍制改革案を議会(下院)に上程した。議会多数派は反対し、深刻な憲法紛争となった。62年9月、この窮境を救うため首相に任命されたビスマルクは、就任直後下院の演説で、「現下の大問題は言論や多数決によってではなく、鉄と血によってのみ解決される」と言明し、議会の反対を無視して予算を執行、軍備増強を行った。この軍事力でもってオーストリアとフランスを破り、ドイツ統一を達成した。このため当時の人はビスマルクを「鉄血宰相」、彼の政策を「鉄血政策」とよんだ。[木谷 勤]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉄血政策の関連キーワード小ドイツ主義ドイツ帝国ビスマルク普墺戦争文化闘争三B政策白い革命家統一ドイツビスマルク諸島ビスマルク小屋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone