コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビス島 ビストウ

デジタル大辞泉の解説

ビス‐とう〔‐タウ〕【ビス島】

Vis》クロアチア南部、アドリア海に浮かぶ島。主な町は北岸のビスと西岸のコミジャ。紀元前4世紀、古代ギリシャ人が植民都市イッサを建設し、紀元前1世紀にイリュリア人に占領された。続いて東ローマ帝国ベネチア共和国、オーストリアハンガリー帝国の支配下に置かれた。現在はワイン用のブドウの生産が盛んなほか、海岸保養地としても有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ビス島の関連キーワードハミルトン(Alexander Hamilton)Saint ChristopherNevisセント・クリストファー・ネイビスセントクリストファーネービスセントクリストファー・ネビスセントキッツ・ネビスセント・キッツ島チャールズタウンベネチア共和国アンギラ島ハミルトンライン諸島ビシェボ島ラビダ島

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android