コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビス島 ビストウ

デジタル大辞泉の解説

ビス‐とう〔‐タウ〕【ビス島】

Vis》クロアチア南部、アドリア海に浮かぶ島。主な町は北岸のビスと西岸のコミジャ。紀元前4世紀、古代ギリシャ人が植民都市イッサを建設し、紀元前1世紀にイリュリア人に占領された。続いて東ローマ帝国ベネチア共和国、オーストリアハンガリー帝国の支配下に置かれた。現在はワイン用のブドウの生産が盛んなほか、海岸保養地としても有名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ビス島の関連キーワードハミルトン(Alexander Hamilton)Saint ChristopherNevisセント・クリストファー・ネイビスセントクリストファー・ネビスセントクリストファーネービスセントキッツ・ネビスセント・キッツ島チャールズタウンベネチア共和国ライン諸島アンギラ島ハミルトンビシェボ島ラビダ島

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android